読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mecha_ismの日記

内燃機関、自転車、生き物、植物好き

バラをもらった

f:id:mecha_ism:20170416090623j:image
職場の花木に明るい先輩にバラを育て始めた話をしたら、挿木して増やしたという「ピース」という品種の鉢植えを持って来てくれた。
恐らく「白のかくれんぼ」も気に入ると思うよと言われたが、素人の俺がそんなにあれこれ手にしても面倒見れないって。
ピースを貰ったお返しに、リナリアのプルプレアと白の苗をあげた。


f:id:mecha_ism:20170416082140j:image
てんとう虫が居たから捕まえてアブラムシが目に付くようになったサマースノーと思われるバラに移動させた。
アブラムシ食べ尽くして欲しい。

ジューンベリー開花と桜

f:id:mecha_ism:20170413203823j:image
ジューンベリーや桂の柔らかな緑の葉が好きで、10年位前にどちらかを庭に植えようと考えたが、ジューンベリーは毛虫が付く、桂は大きくなるとのことでどちらも見送った経緯がある。
このジューンベリーは、4年前の冬に良く行くHCで見切り品として破格値で売っていたので手に入れた。
その後、特段手を掛けていないからか成長具合はネットの情報よりも格段に遅いが、今年は冬のうちに油粕をやった効果なのか、例年に無く多くの花を咲かせている。沢山花が咲いて実ったとしても、例年通りヒヨドリが食べるんだろうな。

ジューンベリーの両側にある四季咲きのオガタマは、冬の寒さの影響なのか葉が黄色っぽくなってしまったが、幾つかある蕾が大きくなってきた。香りの良いマグノリア・スーザンの花が終わってしまったのでオガタマの開花が待ち遠しい。


f:id:mecha_ism:20170413210014j:image
先日撮った桜の写真。
風で花びらが舞い散る様は、歳を重ねる毎に心に響く。一度で良いから弘前に桜を観に行きたいな。

今度こそ春到来

f:id:mecha_ism:20170410152220j:image
先月の末に届いたレディ・エマ・ハミルトン。
気になった植え込み深さは、ネットで色々見た限り台木からの芽吹きを管理するのにこれくらいで良いようだ。
届いてから家の中の窓際に置いていたが、流石にもう凍えるような寒さは無いだろうから外に出した。良く見たら新芽2本折れてた。過保護が裏目に出てネコにやられたようだ。

f:id:mecha_ism:20170410145246j:imageそう、嫁が植えたつるバラは、アイスバーグだと思ったが、トゲが無いのでサマースノーが正解のようだ。
暖かくなり大分葉が茂ってきた。


f:id:mecha_ism:20170410143847j:image
何年も植えっぱなしで何ら手入れもしていないが毎年花を咲かせてる。
ムスカリ青い花との対比が映えると思って、株の間に白いチューリップの球根を植えたのだが窮屈になってしまった。
ムスカリは球根を掘りあげないと冬に葉がだらしなく伸びるのが不満。今年は球根を掘り上げようかな。


f:id:mecha_ism:20170404115156j:image
クレマチス・ペトレイ
上手く管理が出来なくて結果的に毎年買い足している。今年はヤフオクで安く大量に入手出来たのだが、大好きな香りがしない。家にあった株は良い香りがするんだけどな。


f:id:mecha_ism:20170410153002j:image
花壇のクリスマスローズはピークを過ぎたが、鉢植えの苗が4年目でやっと花が咲いた。
黄色い方はガクの縁に赤が入るピコティーで可愛いが、グリーンの方は花が葉の色と同じでイマイチ。

f:id:mecha_ism:20170410144451j:image
ガールマグノリア・スーザン
朝はまだ咲いていなかったが昼には開いた。
花の香りはスッキリとした爽やかさの奥に甘さがある。この香りは好きだな。
今年はこの一つだけだが来年はもっと沢山咲いて欲しい。


f:id:mecha_ism:20170410182325j:image
嫁が管理しているのだが、冬に葉が落ちると根元からバッサリ強剪定。それでも毎年春になると芽が出て、夏には花を咲かせてる。本当に手間が掛からない。
鉢の中の土が少ないから夏に何度も水切れをさせてるし、肥料もあげた事が無いので冬の間に土増しして油粕もやっておいた。
f:id:mecha_ism:20170410182555j:image
昨年、嫁が近所の奥さんから貰ってきたアナベルの剪定枝。小粒の赤玉土に挿して3/3本根が出たのだが、冬を越し芽吹いてきたら1本だけ葉の色が違う。
品種が違うのか?機会があったら聞いてみよう。

f:id:mecha_ism:20170410183510j:image
アプローチ脇を何時までも空き地にしておくのが嫌だったのと、水遣りに気を使いたくなかったから地植えにした。
今年は株が成長してくれれば良い。今後の為に定期的に成長の様子を記録しておこう。

3/23の庭の様子

庭の様子を記録しておこうと思う。

f:id:mecha_ism:20170323172406j:image
常に湿った場所だけど冬を越して芽が出てきた。
まだ株分けしないで大丈夫だな。

f:id:mecha_ism:20170323172357j:image
黄金コバギボウシ
カラスノエンドウと枯れた昨年の葉に隠れて赤い芽が見える。ここは池の上で土も少ないのに寒さには強いんだな。

f:id:mecha_ism:20170323172428j:image
防寒の効果か枝先が枯れなかったから今年は沢山の花を期待。

f:id:mecha_ism:20170323172446j:image
恐らく根詰まりしてると思われるが小さな蕾が見える。
乾燥と蒸れに弱いから場所を選ぶけど群生させてみたいな。

f:id:mecha_ism:20170323172501j:image
嫁がテキトーに剪定したが枝の先に花芽?葉芽?が膨らんできてる。


これくらいでいてくれれば良いのに、地下茎とツルとで殖えるから植えたことを後悔している。

f:id:mecha_ism:20170323172539j:image
ドドナエア・グリーン
寒さで殆どの葉が枯れてしまったが緑の葉が出てきた。この株は復活出来そうだ。

f:id:mecha_ism:20170323182329j:image
池の魚も動き出した。
このフナを釣って来たのは下の小僧が年長の時だからもう10年か⁉︎
今では区別出来ないが上と下の小僧それぞれが釣ったフナだし、池はこの2匹の為に作ったようなもの。これからも長生きして欲しいな。

バラ

 f:id:mecha_ism:20170323135001j:image

「バラの家」に予約注文していたレディ・エマ、ハミルトンが到着。

嫁への誕生日プレゼントを兼ねてるので今日配達してもらったが、花が咲いてない状態だから喜ばないかな?

f:id:mecha_ism:20170323135211j:image

眺めていた気になったのは、意外に棘が多いことと植え込み深さ。しばらくはこのまま管理して根の成長具合いを見ながら鉢のサイズをあげて行こうと思うが、植え込み深さはこれで良いのかな? 輸送中に用土が締まって根元が土から出た気がするんだよな。ちょっと調べてみよう。


嫁が植えた品種不明のバラも暖かくなってきて芽が伸び出した。
f:id:mecha_ism:20170323140746j:image
これは花の色や樹形からアイスバーグという品種だろうと思う。
アイスバーグなら古株だしシュートが出難いらしいのに、結構太いのを切ってしまった。無知は罪だな。
今までは放任だったけど芽かきをした方が良いのかな? これも調べてみよう。

そういえば、毎年幾つものバラを綺麗に咲かせてるお宅の鉢を覗いたら、10号鉢に握りこぶし3個分くらいの量の油粕をあげていた。最近まで油粕を使った事が無かったから分からないが衝撃的だったな。
庭の草木は結果オーライで元気にしてるだけかも知れないから、それぞれの育て方について真面目に調べてみようと思う。

春が来た?

昨日は1日中雨だったが今日はスカッと晴れた。

f:id:mecha_ism:20170322074941j:image
タツタソウ
変な時季に株分けをしたので心配だったが順調に成長してる。
f:id:mecha_ism:20170322164357j:image
今日は天気が良くて暖かかったから昼には沢山咲いた。
来年は鉢一杯の花が観られると良いな。


f:id:mecha_ism:20170322075205j:image
今年も良い感じに花を咲かせてる。
霜が降りるとしんなりしてしまうが雨は平気だね。

株元には昨年の種が発芽した双葉が幾つも出てる。どうしようか?


リグラリア・ミッドナイトレディ
早くも芽が出てきたので慌ててアオダモの下に移植。
元の場所では夏に葉焼けしてたけどここは半日陰だから適所だろう。

今年も庭には日本水仙から始まりクリスマスローズ、タツタソウと花が咲き、この後はムスカリとチューリップが咲く。
四季咲きオガタマは咲いてくれるかな?一つだけ花芽があるガールマグノリア・スーザンはどんな感じになるだろう?
初めての春を迎える花木達がどういった成長を見せるか楽しみだ。

ミスジの子ガメ成長具合い

f:id:mecha_ism:20170320090219j:image
3rdクラッチのうちの2匹と1stと2ndの中から3匹。
3rdクラッチの子は明らかに小さいので分かるけど、1stと2ndクラッチの子たちは区別が難しくなった。

f:id:mecha_ism:20170320091004j:image
両親ともに甲羅は明るい色だが、頭部の星からするにオスの血が濃いのかな?
元気が良過ぎて上手く写真が撮れない。