mecha_ismの日記

内燃機関、自転車、生き物、植物好き

久しぶりの日記

いつの間にか秋の陽気だ。

前回の日記が7月の初旬だったから随分と間が空いてしまったな。この間、転勤先での仕事が詰まらない反動からか、休みの度に庭の改造に没頭してた。朝起きて父親と朝食を済ませたら、昼は食わずに暗くなるまで庭で過ごし、夕食は大量の枝豆を食いながらビールを煽って寝落ちの繰り返し。日記を書いても途中まで。そんな生活だった。

1日の半分以上を会社で過ごすから、仕事が詰まらなく感じてるうちは私生活でも充実感を得られない。人は、やりたい事、やらなければいけない事、やる事が無いからやってる事で時間を消費しているとの考えがある。最近の俺は、やらなければいけない事に縛られて、楽しいはずの庭での時間も「やる事が無いからやってる」になってしまってる気がする。どうしたものか?

 

ヴァネッサ・ベル

f:id:mecha_ism:20190903150359j:image買った株は盗まれてしまったが、剪定した枝を挿して置いたのが大きくなり、その株の剪定枝を挿しておいたら花を咲かせてた。栄養の無い赤玉土に挿しておいただけだから、花を咲かせるとは思わなかったな。来年はこの株も含めて挿し木株が3株あるからハチミツのような香りの花を沢山咲かせてやるぞ。

 

屋久ギボウシ

f:id:mecha_ism:20190903151227j:imagef:id:mecha_ism:20190903151425j:image毎年他のギボウシよりは咲くタイミングが遅いが今年は特に遅い気がする。丈が低くて可愛い。定植場所を決めないとな。

 

オリーブ・シプレッシーノ

f:id:mecha_ism:20190903151720j:imagef:id:mecha_ism:20190903151746j:image冬に水枯れなのか寒さにやられたのか、葉先が黄色く枯れてコンディションを落としていた。そんな状態だからこそ子孫を残そうと花を咲かせていたのかもしれないが、株の様子とは不釣り合いなくらい実を付けている。来年は駐車スペースの西側境界に並べよう。

 

ミスジドロガメの子

f:id:mecha_ism:20190903152931j:image改めて日記に残そうと思うが、カメたちは親亀も含めて変わらなく元気だ。

 

7月初旬の庭の様子

異動直後で気持ちに余裕が無いせいか、庭の景色も普段とは違って見える。

f:id:mecha_ism:20190707061956j:imageノカンゾウが咲いている。池の脇がよほど合っていたのか、野山でも見ないくらいに大きく株を増やしている。池の周りを見直す時に移植するかどうするか迷う。

f:id:mecha_ism:20190707062006j:imageレッドダイヤモンドの挿し木も気が付いたら花を咲かせた。元株の方は灰色カビ病なのか、蕾は上がっても咲かない事が多いから、こんなにちゃんと咲いたのは初めて見た気がする。

f:id:mecha_ism:20190707063100j:imagef:id:mecha_ism:20190707063111j:imageアガパサスも咲いている。鉢に上げて2年目か? 花の時季、色、高さが分かったから植える配置は決まっているが、定植する場所が決まらないんだよな。

 

 

タカワラビの発芽と異動

今日は外は雨だし家の用事も無かったから、久しぶりに家の中でゆっくり過ごした。コーヒーを煎れて読書をしたり、リビングのレイアウトを変更してみたりと穏やかな1日だった。

 

f:id:mecha_ism:20190630205413j:imageタカワラビ発芽!

昨年冬に購入した時は、2m近い茎が2本あったが、冬越しするのと成育環境が変わるから葉(茎)は切った方が良かろうとバッサリやった。その後、半年以上も何の変化も無かったのに今日、茎が伸びているのに気付いた。

低温に弱い(10℃↑推奨)ので冬越しを失敗したと思っていたから嬉しいね。今後どう成長するのか楽しみだ。

そのうちリビングに置いている他の植物の事も書いておこう。

 

明日から13年ぶりに元居た職場に異動することになった。気乗りがしない異動だがサラリーマン故にしようがない。暫くは我慢しながら頑張ろう。

 

異動の予感

ボスの言動から察するに近々異動がありそうだ。

今の職場の状況から考えて異動は秋だろうと思ってたが、自分で思うほど職場に必要とされていないのか、より面倒な職場のテコ入れなのか。

まだ正式に話しは無いが7/1付けを念頭に身辺整理をしておこう。

f:id:mecha_ism:20190612233134j:image

バラ花壇の主役はクリーミーエデンからレディ・エマ・ハミルトンに代わった。

そういえば、エマは後輩が異動した時も咲いていたな。異動先が決まったら久しぶりに後輩を飲みに誘ってみよう。

疲れた

f:id:mecha_ism:20190605124641j:image

職場の先輩に誘われて会社の卓球大会に参加。バドミントンの経験があるからスピードに付いていけても回転が分からないのが悔しい。打ち上げまで参加して今帰り。夕べも飲み会があって結構飲んだから楽しかったけど疲れたな。

まだ早いだろう?

f:id:mecha_ism:20190530214135j:image

パイロットフィッシュとしてモロコやドジョウを入れていた180cmの日本の淡水魚水槽。今日ミシシッピニオイガメとフナやメダカも引越した。

ミシシッピニオイガメは、今は亡き初めてのカメだったミシシッピニオイガメのメスと、ミスジドロガメのオスとの間に生まれたMIX。それと将来繁殖をさせようと買った今年4歳になるであろうオス1匹で計4匹。俺が育ててきたMIX達はクラッチ毎に1匹づつ残したから大きさに差があるが、成育具合は悪くない。でも、オスは店での飼育環境が良くなかったからか甲羅がガサガサだ。

f:id:mecha_ism:20190530232645j:imageカメ達が水槽内の探索が終わり落ち着いた頃に餌をやったら、以前より水深があるから苦労しながらエサをパクつく。カメの食べカスは、混泳する魚やエビが食べてくれるからエサの食べ方に神経質にならずに済む。とは言え水質安定のためにちゃんとしたろ過装置を設置しないと。

f:id:mecha_ism:20190530232841j:image夕方に鉢植えに水遣りをしてから水槽の様子を見に行くと、1番綺麗なメスにオスが乗っかってる! オスは推定4歳でメスは満3歳、まだ早いだろ。

バラ

昨日、茨城県植物園で「春のバラ展」が開催されていたので観てきた。

バラの品種紹介や装飾展示、来場者の投票によるコンテストが行われており即売会もあった。

展示の方は、ほぼ切り花で連日の暑さから痛んでしまっていたが、即売会の方は活きの良い開花苗が並んでいた。

f:id:mecha_ism:20190526182629j:image

折角なので何か買って帰ろうと眺めていると、ノンパテントばかりのようだったが目に止まったのはラバグルト。花色と花の形がツボにハマった。ネットで調べると丸弁平咲きって言うタイプで微香とのこと。でも香りはティーかな?しっかりした香りがある。これは鉢植えで育てたいな。

 

f:id:mecha_ism:20190527050206j:image園内には地植えのバラが集う「バラ園」と言うエリアがある。30℃を超える暑い中、色々なバラの香りが入り混じっていてちょっとだけ気分が悪くなった。

f:id:mecha_ism:20190527050919j:image何年モノか分からないがHTの株元がハンパ無い。接木苗だったら接木よりも台木が勝ってしまいそう。

 

f:id:mecha_ism:20190526191428j:image

直ぐ隣にはタイサンボクがあった。家にある矮性のタイサンボク(リトルジェム)と違って10m以上はあるだろう。家のリトルジェムも蕾が膨らんでいるが、この木も沢山の蕾があった。咲き出したら良い香りに包まれるだろうな。

 

植物園からの帰り道、足を伸ばして以前イングリッシュローズを買った行ったHCに立ち寄った。予想通り売れ残ったイングリッシュローズが安売りされていた。

f:id:mecha_ism:20190527143559j:imagef:id:mecha_ism:20190527144033j:imageシャーロット・オースチン

用土に肥料分が無いのか、日当たりが良くない所にあったせいなのか、葉の色は薄く全体的に徒長気味。でも¥1,980なら悪くない。来年に向けて立て直すべく根鉢を崩さないよう注意してスリット鉢に植え替えた。

 

f:id:mecha_ism:20190527143716j:imageタグ無し

これはどういうことなのだろう? 葉が一部しか展開しておらず、まるで虫に葉を食べられてしまったように見える。見ようによっては葉脈が枝から出てるようにも見える。それでいて蕾らしき膨らみがある。シャーロット・オースチンと同じ超ロングのポリポットに植わっていたからイングリッシュローズに間違い無いが、何故かタグは無かった。恐らくレディ・エマ・ハミルトンかシャーロット・オースチンだろうと思う。値段は養生テープに¥398と手書きで書いてあった。イングリッシュローズにしては破格だが何分このコンディション。始めはとても買う気になんてならなかったが、しみじみ見ていると「今後どうなるか?」と興味を覚えて買ってしまった。新苗を買った時の鉢に植え替えた。物好きだな。

 

物好きと言えば、昨年の冬だったかにHCで安売りされていたデルバールのバラを3種買った。コンディションが良くないから鉢では無く花壇の端にまとめて植えておいたら花が咲き始めていた。

f:id:mecha_ism:20190527151718j:imagef:id:mecha_ism:20190527145546j:imageデルバールのバラは、病気に強く初心者向けとの記事をネットで目にするが、派手な花色と長い名前から敬遠していた。 左からラ・レース・ドゥ・ラ・ニュイ、ラ・パリジェンヌ、アレゴリー。明るい気分にはなるけど家の庭には似合わない。今年の冬に鉢に上げて友達か同僚にでもあげよう。

 

f:id:mecha_ism:20190527151511j:imageポールズ・ヒマラヤンムスク

f:id:mecha_ism:20190527151559j:image新雪

昨年の売れ残り新苗も花を咲かせている。ポールズ・ヒマラヤンムスクは手に負えなくなるから台木だけ使おうと考えている。新雪は道路と庭を仕切る板塀の道路側に植えるつもり。

 

f:id:mecha_ism:20190527151846j:imageクリーミーエデンとサマースノーが良い感じになっている。でも香りはほぼ無い。レディ・エマ・ハミルトンは1つ咲いてる。

この春に買ったイングリッシュローズは、ソフトピンチして枝を増やしていたから開花はもう少し先。咲いたら日記にアップしよう。

 

それにしてもバラを増やし過ぎたかな。好みはそうそう変わらないだろうからそのうち本当に好きな株を残して整理しよう。

 

オマケf:id:mecha_ism:20190527153608j:image時季外れのクリマチス・ペトリエイの花